言葉の障害を克服|人気の職業!保育士になるためには資格の取得が大切

人気の職業!保育士になるためには資格の取得が大切

メンズ

言葉の障害を克服

男性

どのコースで学習するか

言語聴覚士は、言葉を使用したコミュニケーションに障害を持っている人たちを相手にする専門職になりますので、相手を丸ごと人間として理解しようとする優しさと洞察力、懐の深さと広さが求められることになります。相手にする人が言葉がうまく使えないだけでなく、こちらも言葉が伝わりませんので言葉以外にもいろいろなアプローチができる柔軟さと創意、忍耐強さが求められます。言語聴覚士になるためには、高校を卒業して厚生労働省が指定している言語聴覚士養成学校で3年以上学習するか、言語聴覚士の養成課程を持っている4年生の大学校で学ぶか、一般の大学校を卒業して養成学校で2年以上学習するかになります。どのようなコースで学習していくかで、準備の仕方も違ってきます。

多くの求人

言語聴覚士の専門科がある大学や、専門学校では入試試験が一定のものではありません。推薦入学があったり、一次試験にセンター試験を利用している学校もあれば、社会人枠を設けている学校もあります。言語聴覚士になるために大学へ行くときには、その大学の入試方法がどういうことになっているのかをよく調査して、入学試験を受ける必要が出てきます。これらの学校や専門学校を卒業して、言語聴覚士になっていくわけですが就職をする場所としては医療機関や、老人介護施設、言葉や聞こえの教室などの教育機関のほかにも在宅サービス機関や行政関連の機関などを含めて、求人は多数に上っています。また独立して各種の医療機関の求めに応じて、働いている人もいます。