人気の職業!保育士になるためには資格の取得が大切

婦人

希望を担う職業

女性と子供

無理に一発合格しなくても

待機児童の問題が提起されて久しいですが、慢性的な保育士不足は早々に解決する問題ではありません。政府も賃金アップを目指していますが、先行きは不透明です。しかし、将来の希望を担う職業としては大変やりがいがあり、尊敬される仕事でもあります。さて、保育士の受験資格の引き上げによって短大程度以上が必要となりました。ただし、高卒や中卒であっても児童福祉施設などで一定期間従事していれば受験資格は得られるようになっています。試験は筆記と実技にわかれており、前者は九科目から構成されます。それぞれ6割以上が必要とされますが、合格した科目は翌年以降3年に渡って持ち越すことができるので、一発合格が難しいと感じたら、少しずつ科目合格してくのも一つの道です。

教科が多いから

試験勉強は必要得点がそれほど高くないため、国家資格の中では保育士試験は難易度が低くなっています。とはいえ少々の勉強ではやはり突破は難しく、教科も多いために効率の良い勉強を進めていかなくてはなりません。保育士資格取得のために多くの人が通信講座を利用しており、マイペースで無理なく進められるので人気になっています。添削などオプションサービスがあるのも魅力でしょう。合格に必要な教材が揃っているので、他の教材を使う必要もありません。ただ、どれでも良いというわけではなく、その講座の実績や使いやすさなどもしっかりとチェックしましょう。ちなみに幼稚園教諭免許状を持っていれば、一定の科目が免除されますので知っておいて損はないです。

進学先の決定のポイント

レディ

四年制大学は費用が掛かりますが、その分深く広く保育知識と必要な技術を学ぶ時間があります。また、保育士になるかどうかはっきり決まっていないという人も、進路を決める際短大や専門学校より変更がききやすいといえます。大学、短大、専門学校それぞれのメリットデメリットを考慮して進学先を決めましょう。

View Detail

保育の専門家を養成する

女性

保育士の資格が取れる学校には、保育専門学校があります。この学校の人気が高い理由は、卒業と同時に国家資格が授与されるという点にあります。国家試験が免除になる上に、福祉系の他の資格も取得しやすくなります。また、保育専門学校の卒業生は大学にも編入ができるのです。

View Detail

言葉の障害を克服

男性

言語聴覚士になるためには、厚生労働大臣が指定する養成学校や大学を卒業する必要があります。特に大学ではいろいろな入試の方法がありますから、それに合わせて入試の勉強をする必要が出てきます。資格試験に合格すれば、多くの求人があります。

View Detail